ときめきをbelieve

大ちゃんと聡ちゃんが好きです

有岡大貴の瞳の中で光り輝く星の種類を推測・考察する

 

 
 
大ちゃんっていつも目がキラキラしてますよね!
もうこれは目の中に星います。
 

f:id:pom36:20170214220501j:plain

 
そこで今回は有岡大貴の瞳の中に2つの星が存在するとし、その2つの星の種類をざっくり推測します。
自分でも何を言ってるのか分かりませんが推測します!!
 
 
 
以下figure1に、2つの星を確認することのできる画像を示しました。
 

f:id:pom36:20170214174014j:plain

figure1. 有岡大貴の瞳に存在する2つの星
 
 
 
まず、星は大きく三種類に分類することができます。
自ら光を放つ「恒星」、恒星の周りを公転している「惑星」、そしてさらにその惑星の周りを公転している「衛星」 です。
 
 
カメラやライトなどの光源を恒星とし、瞳の中の2つの星は惑星とその周りを公転する衛星であると仮定したいところですが、もはや瞳の中の星は自ら光を放っているのではないか?という意見もあるため(どこからだよ)、本考察では2つの星をそれぞれ恒星・惑星であると仮定します。
 
 
しかし、すべての恒星が惑星系を持つとは限らないので、2つとも恒星である可能性も考えていきます。
 
 
 
ここで、恒星の種類を考えます。
瞳の中の恒星は、非常に強い輝きを放つことより(figure2参照)、一等星または二等星である可能性が高いと考えられます。
 
 

f:id:pom36:20170214174040j:plain

figure2. 強い輝きが確認された有岡大貴の瞳
 
 
 
そこで、一等星・二等星から恒星を絞ります。
まず、恒星の色より種類を特定していきたいと思います。有岡大貴の瞳の中の恒星は、先行研究より白〜薄黄色が多く観測されており、このことから以下のtable1のA型またはF型恒星であることが予測されます。今回は完全白色ではないことからさらにF型恒星のみに絞り込みたいと思います。
 
 
 
table1. 恒星の色による分類

f:id:pom36:20170214215223j:plain

 
 
 
現在、30光年以内にF型恒星は8個発見されています。この型に属する明るい星としては、北極星こいぬ座α、りゅうこつ座αなどがあります。「名前的に絶対こいぬ座じゃん!」と私の中の高田純次が言っているのでこいぬ座α星が1つ目の星と推測します。(突然ざっくり)
 
 
しかし、こいぬ座α星(以下プロキオン)には惑星系が存在しません。そのため、プロキオンから近い位置にあるこいぬ座β星を2つ目の星とします。
 
 
 
こいぬ座β星は三等級の恒星であり、明るさはプロキオンに劣ります。また大きさも小さいため観測が困難です。
しかしfigure3に示すように星が1つしか見えない事例もあることから、二つ目の星が弱い光を放つβ星であるという妥当性が示唆されます。
figure4には、強い光のプロキオンと弱い光のこいぬ座β星が確認される画像も示します。
 
 

f:id:pom36:20170214174214p:plain

figure3. プロキオンのみが観測される有岡大貴の瞳
 
 

f:id:pom36:20170214174607j:plain

figure4. 強い光を放つプロキオン(瞳中, 右)と弱い光を放つβ星(瞳中, 左)
 
 
以上より、有岡大貴の瞳の中の星は
こいぬ座β星」
であると推測しました!
 
 
 
 

f:id:pom36:20170214193133j:plain

 
 
おしまい